カラの実の畑+

カラの実の畑+

モンスターハンター雑記+管理人の雑記などをのんびりブログにまとめていきます

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

渓流に舞うトリックスター

さて、無事にドスジャギィを倒しユクモ村へと帰ってきたかりな。

喜びも束の間新たな依頼が村長から彼女に手渡される。

いよいよクエストLV3。

ここでオトモ2人は村に設備されている訓練所で修行をすることを決意する。

オトモ達としばらくの別れを告げ、彼女はLV3の依頼を制覇していくことになる。




ルペッコは鳴きマネをすることで他のモンスターを呼びよせる少し厄介な相手です。また踊りで自らを回復することもあるとか・・。いずれにしても今までとは少し変わったモンスターですのでくれぐれもお気をつけて」

トリックスターと呼ばれるだけあり一風変わった攻撃をしかけて相手を惑わせる。

かつて、ロックラック地方で遭遇した経験のある相手だった。

「こんな秘境の奥地までクルペッコがいるなんて・・」

驚きと不安が交錯する中かりなは支度を整え渓流の入り口へと向かうのだった。




ベースキャンプにたどり着いた彼女は支給品を受け取る。

「あった。こやし玉」

こやし玉とはモンスターの嫌がる匂いを発生させる投擲道具。万が一別モンスターを呼ばれてもこれで追い払う事が出来る代物だ。

彼女は過去の経験から有効手段を心がけていたようだった。

そして村の道具屋で購入した千里眼の薬を服用する。

風に乗ってクルペッコの気配が彼女に伝わってきた。

「エリア6・・・。あの渓流地帯ね」

走り出すかりな。エリア1からエリア2へ。そしてエリア6へと侵入するのであった。
 




リア内に侵入した彼女は眼前にターゲットを補角する。

気付かれない様に近づきペイントボールをクルペッコ目掛けて投げつけた。

その衝撃で彼女に気付くクルペッコ。雄叫びと共に体を震わせ臨戦態勢に突入。

かりなもヘビーボウガン(青熊筒)を構え1射目を放った。

(ドーン!!)))

静かな渓流に一発の銃声が鳴り響き、それが戦闘の開始合図となった。

激しく頭を振りその大きな口ばしで攻撃を仕掛けてくるクルペッコ

咄嗟に回避をして背後から通常弾を叩き込むかりな。

以前の経験が物を言いことごとくクルペッコの攻撃を回避していく。

((カチカチカチ!!))

突然、腕の火打石を叩き火炎攻撃の準備をしだすクルペッコが視界に飛び込んできた。

飛びかかりと同時に火炎を発生させる。

一回転した彼女の横を火炎が通り過ぎて行く。

(ボウ!!)

回避したかりなを追って2撃目が追尾してくる。

攻撃パターンを把握していた彼女の前では火炎攻撃を避けるのはたやすい事であった。

((ドドン!ドドン!ドドンン!!!)))))

攻撃の合間を縫って青熊筒から通常弾が飛び出していく。

50発を過ぎた頃クルペッコの大きな口ばしが激しく破壊されるのが確認できた。

驚いたクルペッコが激しく動揺し、後に走り出し地面に転倒していく。

その隙にかりなは通常弾の調合を行った。カラの実とハリの実を使い最大数まで生産する。

クルペッコは起き上がり様、奇妙な声で唸りだす。

「!!!。しまった・・。モンスターを呼ぶ!ここからじゃもう間に合わない」

鳴きマネを阻止するには射程外すぎた。諦めたかりなは回転移動を繰り返しクルペッコを射程内に収める。

クルペッコの攻撃も激しさが増し少しずつだが攻撃をさばききれなくなってくる。

「う!!・・・」

不意の回転尻尾攻撃で弾き飛ばされたかりな。

態勢を戻し青熊筒を構えた先に青いモンスター、アオアシラが現れた。

「こんな時に・・。厄介なヤツが現れるなんて」

2頭を同時に相手をするには余りにもリスクが高すぎる事は解っていた。

彼女はここでこやし玉をポーチからとりだし、アオアシラ目掛けて投げつけた。

((ボワン))))

アオアシラの体が匂いに包まれ周囲にその匂いがたちこめる。

「これで他のエリアに行ってちょうだい!」

しばらくウロウロとしていたアオアシラがようやくエリア外に逃走するのを確認できた。


((カチカチカチ・・・・ボウゥゥゥゥ!!!))))

アオアシラに気を取られ背後からクルペッコの火炎攻撃を受けてしまった。

「!!あっつ~いぃぃぃ」

炎が彼女を包みこみ体力を徐々に削っていく。

慌てて渓流から流れ出る水で炎を消すかりな。

「もう、怒ったからね!!」

引き金を引く手に一層力がはいる。

((ドドドン!ドドドン!!!)))))

休みなく発射される銃弾。ついにクルペッコの腕に付いている火打石を破壊した。

慌てて逃げ出すクルペッコが脚を引きずりだした。

飛び立ち逃げようとするクルペッコ目掛けて追撃の手を緩めないかりな。

次の瞬間!!

(ドスン!!)

空中から地面に墜落したクルペッコが彼女の目の前でもがいている。


「これで・・最後ね!!」


青熊筒を空に向けその場に腰を降ろす。

(ガチャ・・・リ)

装填弾を散弾に切り替えクルペッコ目掛けて弾ガンの嵐が降り注ぐ。

(ドドドン!ドドドン!!ドドドン!!!!!))))))))

しゃがみ撃ちの弾丸をうけながらも起き上がり逃げ出そうとするクルペッコ。

装填数が尽きかける寸前、クルペッコの体から殺気が消えて行くのがはっきりと感じ取った。

力なく渓流にくずれ落ちる。

「ふうぅぅ・・・。やった・・ね!」



こうして彼女はクエストLV3の扉を開く事になる。

宿敵ジンオウガとの決戦が刻一刻と歩み寄ってくるのである。
関連記事
スポンサーサイト
 
 

Comments

 
>レッドさん^^
いつもありがとうございます^^
やっとクルペッコ・・wまだ先は長いですねww

ゲーム本編はそろそろ村終盤といった所まですすんでしまってて、前半の内容がかすかに消えてしまいそうなんですよね(笑)

そろそろ中堅モンスターの登場にどう文章化するか悩みの種ですw
ではレッドさんもガンバって下さいね^^!
 
クルペッコ編執筆お疲れ様でした。
いい感じに戦闘の情景が描かれていますねw

Lv3,これから色々特徴あるモンスターが目白押しですし、腕が鳴るのではないでしょうかw。

では、また次回を楽しみにお待ちしております。
&お仕事お疲れ様です。

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ツイッター
カウント
プロフ

きら

Author:きら
「カラの実の畑+」にようこそ
モンスターハンター雑記や
その他思いつくままの事柄をのんびり、
やってます。

モンハンでは主にヘビィボウガンを愛用。
時にはガンランスも使います。

※)こちらのブログはリンクフリ―です!
一度ご連絡頂けるとありがたいです。

【MHブログランキング】
MHP3rd・攻略ブログ
参加中のランキングバナーです!

コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
モンスターハンター
FC2ブロとも申請フォーム
ブロとも申請してね^^
検索フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。